比べてみました!賃貸派VS購入派

賃貸する理由とは

税金や火災保険、家のメンテナンス費用を考えたくないなら賃貸する

税金や火災保険、家のメンテナンス費用を考えたくないなら賃貸する 社会人として仕事に就き、やがて結婚し子供ができると、誰もが戸建てや分譲マンションなど、いわゆる自分の城を持とうと考える時期がきます。
しかし、実際には住宅の購入資金だけではなく、維持費も含めた様々な費用が発生することが容易に想定できるため、あえて賃貸で暮らしている人達も大勢いるのが現実です。
まず、家や土地を購入すると固定資産税が発生します。
規模や評価額によっても違ってきますが、所有している以上、毎年必ず納めなければならない税金です。
火災保険への加入も必要です。
最近は台風や地震などの自然災害による被害が増大しているので、保険に加入していない場合、損害はすべて自己負担となってしまうため、必須の保険といえるでしょう。
しかし、その保険料は災害の増加もあり、年々保険料が高騰しており、決して安い支払いではありません。
また、戸建てにしてもマンションにしてもメンテナンス費用が発生します。
マンションは積立修繕費として毎月徴収されるケースが多くなっており、戸建ては毎月出費が必要なわけではありませんが、新築後10年も経過すれば、何らかのメンテナンスが必要となることが一般的で、数十万~数百万もの費用が発生することも珍しくありません。
賃貸にはこうした心配がないので、生活の1つの選択肢といえるでしょう。

賃貸に住み続けるなら、貯蓄を家のために減らさずに済む

賃貸に住み続けるなら、貯蓄を家のために減らさずに済む 結婚した・家族が増えた・転勤が決まった、など人生の様々な節目の中で、賃貸物件に住むか一戸建て・マンションを購入するかの選択で悩むことは多いと思います。
家を買うというのは大きな決断ですが、自分の資産を持つ・安定した生活基盤を持ちたいという人にとっては、夢でありかなえたときの喜びというのは非常に大きいものだと思います。
自分の好みで改装したりすることも自由ですし、設備面や防犯面でも賃貸より充実している家に住むことができます。
しかし購入にあたっては頭金や諸費用などでかなり貯蓄が減ります。
また長年にわたってローンを抱えることになる、毎年固定資産税を払わなければならない、災害などで家を失う恐れもある、転勤等がある場合結局手放すケースもある、などのデメリットもあります。
一方、賃貸物件に住み続けるという決断を下した場合、自分の家を持つという望みはかなえることはできません。
借りる際には保証人が必要ですし、ある程度の収入がないと貸主の許可が下りない場合もあるので、年齢が上がると借りにくくなってくるというデメリットはあります。
しかし、住宅関連での出費としては月々の家賃を支払うのみですので、大きく貯蓄を減らすということはほとんどありません。
そして手狭になったり不具合が生じればいつでも他の物件に移ることができるというメリットがあります。

新着情報

◎2023/2/1

情報を追加しました。

> 賃貸物件のオーナーになることで不労所得で生活できます
> 定年退職後の賃貸契約の審査は対策を立てれば問題はクリアできる
> 設備が充実しているワンランク上の賃貸分譲物件
> 賃貸で家賃滞納をした場合は先ずは落ち着いて連絡を入れましょう
> 賃貸住宅は気楽さが大きなメリットになりうる

◎2017/8/21

ペットが飼える賃貸
の情報を更新しました。

◎2017/5/29

初期費用を安くする
の情報を更新しました。

◎2017/2/13

住みやすいところ
の情報を更新しました。

◎2017/1/18

家のメンテナンス費用
の情報を更新しました。

「賃貸 費用」
に関連するツイート
Twitter

UR賃貸のCMで、「初期費用〜が」のところの振り付けで プルプルする千葉雄大くん可愛い♡

断言しますが、賃貸物件を借りる時に損している人が多すぎる! 実は同じ物件でも、業者によって費用はバラバラって知ってました?知らないと悪徳仲介業者にぼったくられることも😨 騙されないためには「相見積もり」で比較検討するのが超重要なんです💡 他にも9割が知らない

返信先:住んでる場所とかでも微妙に変わるけど、物件所有者から見るとペット不可物件で内緒で飼うのは大抵退去時に揉める(本来必要のない現状回復費用が発生するため)関東は賃貸契約の時に保証会社入れることが多いから、そういうトラブル起こすと保証会社のブラック入りする。

補修とか整備作業もした。 賃貸なので少額の費用で済む範囲でだけど。🙂

返信先:)みてくだされ!