比べてみました!賃貸派VS購入派

マンションは、買った方が得なのか?賃貸方が得なのか?

マンションは、買った方が得なのか?賃貸方が得なのか?

買った方が得なのか?賃貸方が得なのか? マンションを買うべきか借りるべきかということは多くの人にとって悩ましいポイントになります。
借りるとなるとかなり高額なのが一軒家ですから借りるくらいであればいつかは買いたいと考えている人は多いのに対し、マンションとなると借りることもできるわけですから判断はどうしても迷ってしまいやすいのです。
ただ「マンションは購入と賃貸のどっちがお得なのか」という疑問に対しては「その人の人生設計による」と返すしかありません。
まずマンションを購入するということはどういうことか、これは当然その後長い間そこに住み続けることが前提になります。
何十年というスパンで同じ物件に住むことを受け入れられるのであれば、それは購入をする価値が十分あるといえるでしょう。
しかし今後一軒家を購入する予定がある、引越しをする可能性があるということであれば、無理をして購入するのはかならずしも賢い選択であるとは言えません。
特に一度購入してしまうとその後手放すことになった場合、不動産会社に退去手続きをするのではなく自分で売却手続きを踏む必要が出てきます。
築後時間が経って価値が下がることはあっても価値が上がるということはあまりありませんから、もし今後手放す可能性があるのならばまだ賃貸にした方がお得な可能性は高いでしょう。
もちろん月々の支払額の比較などもありますから一概には言い切れませんが住み続けるのなら購入を検討する、手放す可能性があるのなら賃貸で住むというようにするのが無難です。

何歳が境界になるのか?住宅購入 VS 賃貸住宅

住宅購入 VS 賃貸住宅 賃貸住宅は自分でメンテナンスをする必要がなく、家を古くなったと感じたら引っ越しが出来るというメリットがある反面、一生涯、家賃を支払わなければならないデメリットがあります。
家賃という負担を一生涯抱えるよりは、住宅を購入することで財産として所有することを選ぶ人もおり、年齢の境界は30~40歳とされます。
住宅ローンの支払いは最長で35年とされ、返済年齢は75歳までと定めている銀行は多く、再雇用を考えても65歳までが働いて支払うことが可能な年齢とも言えます。
しかし30歳で賃貸住宅に住むことを止め、家の購入を考えた時に頭金がある程度、用意することが出来ないと月々の支払いが大きな負担になってしまい、せっかくのマイホームでの生活を維持することが困難になる場合もあります。
そのため家賃の安い賃貸住宅に住み、ある程度、頭金を用意する、という方法も選択肢の1つでもあります。
その際に40歳までに頭金を十分に用意し、月々の支払いを少なくすることで65歳の定年までに繰り上げ返済用のお金を貯めることも可能になります。
住宅購入を考える際に年齢は大きなポイントになることは確かですが、月々の支払、その金額を支払い続けることが出来るのか、頭金を用意することが出来るのか、繰り上げ返済をするためにはどれくらいのお金を貯蓄しなければならないのか、という計画を立てることも大切なことです。

賃貸物件のオーナーになることで不労所得で生活できます

不動産投資によって不労所得を得るには、一般的な会社員の場合は最初は中古の賃貸アパートを購入する方法があります。
多くの方が新築物件に魅力を感じるものですが、中古の賃貸アパートの場合は利回りを現状として確認でき、入居率や空室の有無も確認することができるので、失敗になる可能性を大きく引き下げることが可能になります。
例えば8室を完備したアパートの場合、家賃額が6万円であれば管理費を支払っても年間に500万円程度の収入を見込むことができます。
経年劣化により家賃額を下げなければならない問題や、修理修繕、リフォームに費やす資金が掛かるものの、同じように2棟めのアパートを購入した時点で十分な不労所得を得ることができるので勤務先の会社を辞職しても将来の不安は解消されます。
ただし問題になることは木造のアパートの場合は耐久性に乏しいことが多く、リフォームとリノベーションを繰り返す必要性があります。
従って得ている家賃収入は全てを自由に使えることではないので、預貯金を貯めて備えを万全にすることは必須ではないでしょうか。

定年退職後の賃貸契約の審査は対策を立てれば問題はクリアできる

賃貸を契約する場合には審査を受ける必要があり、その審査において収入があることを確認されます。
定年退職後は収入が年金だけになり、家賃を支払うのに十分な収入があるとは判断できない場合もあります。
更に高齢者に対しては健康面の不安などから契約に消極的になる賃貸のオーナーや管理会社があることも事実です。
定年退職後には賃貸契約をすることができないのかとなれば、そうではありません。
審査に通りにくくなる傾向はありますが、対策を立てる事で問題をクリアすることができます。
簡単な方法としては、誰かに借りてもらう方法があります。
社会人の子供がいる場合は、子どもが契約の当事者になるという方法です。
これでは契約の当事者ではないので、根本的な問題の解決にはなっていないと考えるなら、保証人を立てる事で契約当事者になる方法もあります。
子どもが契約者になるのではなく、保証人になってもらう方法です。
親族が保証人なら比較的審査に通りやすくなります。

設備が充実しているワンランク上の賃貸分譲物件

近年は様々な賃貸物件があり、家族構成やライフスタイルから物件を選べるようになりました。
特にファミリー層に人気がある物件というと分譲物件です。
通常の物件と比べてキッチンやリビングが広々としており、賃貸でもワンランク上の暮らしが手に入ります。
また、設備も充実している物件が多くあります。
共用部分は通常の物件と比べて広く、コンシェルジュサービスを利用できるワンランク上の物件もあります。
このような物件はセキュリティも整っているので都心でも安心して暮らせるはずです。
もちろん、室内の設備も充実しており、床暖房や追い焚き機能など、必要な設備から物件を探す事が出来ます。
このような物件は不動産屋に足を運ばずにネットで探せるのも便利です。
希望のエリアや賃料、間取りなどから物件を探せます。
ただ、通常の物件と比べて数が多くありませんので不動産サイトに希望の物件を登録しておくのもお勧めです。
希望の物件が登録されたらメールなどで情報を受け取れる便利な機能もあります。

賃貸で家賃滞納をした場合は先ずは落ち着いて連絡を入れましょう

賃貸を借りていいて家賃滞納をしてしまうと、強制退去させられる危険もあるので注意が必要です。
しかし、期日を超えてしまうと、すぐに退去しなければいけない状況になることは通常ありませんので、必要以上に慌てないことも大切です。
一般的な手続きとしては、先ずは賃貸のオーナーか管理会社から連絡がきます。
最初は電話での連絡の場合が多く、それでも支払いに応じない場合は督促状が届きます。
次に正式な内容証明郵便などで、支払い督促とそれに応じない場合の対処を告げられることになります。
その後に契約解除の手続き経て、強制退去という流れです。
普通は約半年くらいの猶予がありますが、早い場合は数か月で退去という流れになります。
不測の事態が発生して、家賃滞納を避けることができない場合は、これらの手続きによって賃貸物件の明け渡しを求められます。
そうなる前に支払いを済ませることが大切ですが、それが出来ない場合は取りあえず早い段階で貸主側に連絡を入れましょう。

賃貸住宅は気楽さが大きなメリットになりうる

賃貸住宅を選ぶにあたっての大きなメリットは、気楽だということでしょう。
日々の暮らしの中で、転勤など様々な事情が生じても気軽に引っ越すことができます。
長く同じところに住んでいると周辺の環境が変化していくことも考えられますが、仮に生活しにくくなった場合もすぐに他へ移るという選択ができるのはメリットといえます。
また若い年齢の時とある程度の年齢になってからでは、住みやすく感じる物件に違いが生じてくるものです。
そんな時にも、賃貸住宅ならその時点での自分に合った部屋を探すことができますので気楽に感じることができるでしょう。
賃貸には家賃が発生しますが、一方で持ち家のようにメンテナンス費用を負担する必要はありません。
修理修繕が必要になった際には、故障の原因にもよりますが基本的には大家が費用を負担してくれますので安心です。
賃貸に住む場合は、引っ越しの機会も多くなる傾向があります。
転居の度に不要なものを処分して身軽な暮らしができるという点も、メリットの1つといえます。

文京区のおすすめ賃貸情報リンク

文京区 不動産 賃貸
新着情報

◎2023/2/1

情報を追加しました。

> 賃貸物件のオーナーになることで不労所得で生活できます
> 定年退職後の賃貸契約の審査は対策を立てれば問題はクリアできる
> 設備が充実しているワンランク上の賃貸分譲物件
> 賃貸で家賃滞納をした場合は先ずは落ち着いて連絡を入れましょう
> 賃貸住宅は気楽さが大きなメリットになりうる

◎2017/8/21

ペットが飼える賃貸
の情報を更新しました。

◎2017/5/29

初期費用を安くする
の情報を更新しました。

◎2017/2/13

住みやすいところ
の情報を更新しました。

◎2017/1/18

家のメンテナンス費用
の情報を更新しました。

「賃貸 得」
に関連するツイート
Twitter

返信先:ガス屋です。乾太くん設置に関して賃貸なら大家に確認して、排気筒とガスコンセント、またはガスコック付ける旨を説明し、壁に穴を開ける許可をてからになります。戸建ての場合ならどうやってでも付ける様、頑張ります。

ゆきわり荘の施設使用料には,町会費や光回線インターネット利用料の他にも,共用スペースの電気・上下水道・ガス・灯油代と消耗品代(ハンドソープ, トイレットペーパー, 洗濯洗剤, 市指定ゴミ袋, 電球・蛍光灯)が含まれています. これらは通常の賃貸物件の家賃には含まれていないものなのでおです.

はじめまして。内定辞退に関して1点伺いたいことがあり質問させていただきます。 最近就活を再開しギリギリですが24卒のまま満足いく内定をました。 現在の内定先には借り上げ社宅制度があります。内定辞退した際は賃貸の初期費用や研修費用等は請求されるのでしょうか。

あとね、都会の人は知らないかも知れないけど田舎には4LDKの賃貸はない。車もなきゃ生活できない。家族が増えたら持ち家にならざるをない。田舎では家と車を持つしかないのだ。欲しくなくても…

返信先:色々な土地に住みましたが、イジメの有無は住む場所で本当に違う   引っ越すときに『みんなの学校』や賃貸サイトの街コミなどをチェックするとそこではイジメが酷いのか情報取れます 就学年齢の子供がいる(納税)世帯に避けられるようになれば自治体もイジメ対策しざるをなくなるでしょう